動かざること山の如し・・

動かざること山の如し・・

2021年06月14日

この一文は最近つくづくと投資成功の秘訣だと思うことがある。

例えば、自分が研究してこれは!という銘柄を見つけたとします。

当然、買った時より騰がり続ければ悩むことは無いんですが、逆に下がったときは誰でもヤバい?って思いますよね。

しかしながら、この一文をそのまま貫くと下がったきりっていう銘柄を持ち続けることになり、最悪の場合、長期間に亘り塩漬けという状態が続くわけです。ですからそんな時は潔く損切りという見切りをつけること出来る方が、間違いなく投資で勝つ方と言えると思います。

逆に狙った銘柄が一定期間下げたり、騰がったりを繰り返し、そのまま持ち続ければいいものを目先の小額利益で利確する方も多いと思いますが、投資を一定期間続けている方で、”センス“のある方が目を掛けた銘柄なら、動かざること山の如しが出来る方が大きな利益を生む秘訣だと感じます!

多分ですが、半年間くらいほっておけば結構利益が出ていることは多々あります。

つまり、人一倍研究して、経験を積み、センスがあれば、そんな方が選んだ銘柄は少し腰を据えて待てば騰がるということです。

しかしながら、どんな達人でも見込み違いとかこの度みたいなパンデミック、戦争、◯◯ショックという時には止めどなく下がってしまいますが、そんな時は早めに損切りして再発進するか、または保持し続けていれば、再度元以上に騰げてきますから持ち続けても問題ないと思います笑

動かざること山の如しは、役職も地位もそこに腰を据え、実力さえあれば黙っていても自然と上がることは度々あるように、コロコロと変わり身がある方には出来ないことかも知れませんね・・

logo