誰から生まれてきたかを!

誰から生まれてきたかを!

2021年02月11日

明日にも不適切な発言により、辞任を表明するM会長様。

もう、後任者様の名前も上がっている現状ですが、後数ヶ月というタイミングでの辞任はオリンピック自体に水を指す結果にもなった。

そもそも、この発言は次のことが頭の片隅にでもあれば、絶対に有り得ないことだとも思う・・

我々は、誰から産まれてきたのか。

決して男性では無い。すべて女性から生まれてきたのである。

つまり、女性=母親でもあり、母親に対する感謝の気持ち、尊敬の気持ちがあれば、決してこんな発言は出来ないとも思う。

母親から生まれてきて、父親がいて、それ以前にはご先祖様が存在する。

それもすべて女性=母親が産んでくれたからこそ!

ですから、女性蔑視の発言はそれが頭にあればあり得ないという理由です。

もう高齢で最後の大仕事になるはずのM会長様でしたが、世論やIOC、各スポンサー様からの声には、最後のけじめをつけることになるのは、致し方ないことだと感じますが、残念な幕引きであることには変わりません。

後はどうにか世界的に収束し、五輪が開催されることを祈りたいと思いますね。

logo