10年に一人(^_^;)

10年に一人(^_^;)

2021年09月26日

ゴルフ歴も長いですし、競技にも長年参加している関係上か、子供にプロを目指させる親御様にご相談を受けることがあります。

勿論、厳しい勝負の世界ですから覚悟を決めて頑張ってもらいたいと思っていますが、早い内からゴルフ一本で、後は力をいれないという考え方は子供様の他の可能性を考えれば余りお勧めはしていません。

ゴルフが好きで好きで、別にプロで芽が出なくても、ゴルフ業界で頑張るという覚悟があれば反対はしませんが、賞金だけで稼げるプロに!という場合は、次のようなことを言うことがあります。

私の故郷は広島ですが、この広島出身の男子プロで実績、戦績で群を抜いていたのは倉本理事長(広島GCでの※ツアー30勝)、田中秀道プロ(ツアー10勝)、谷原秀人プロ(ツアー14勝)そして今の時代では、ツアー3勝を挙げている金谷拓実プロが今の勢いで日本に常駐すれば、二桁以上勝っても不思議ではありませんね。

これを言い換えれば10年間に一人くらいの確率になります・・

もし、自分の子供様の上5年、下5年間で本望である賞金で生活しているのは一人しか出ていないことになります。

この現実が早くから私の頭にあったので、ゴルフ一本(学業との両立)に賭けさせることはしませんでした。

だから、この現実を知って子供様も親御様も覚悟を決めるのなら、それは全く問題は無いと思います。

でも、知らない方が多いのも事実です。

夢を目指すなら、厳しい世界ですが本気で頑張ってもらいたいですし、最悪結果が出なくてもゴルフが好きで好きでたまらないのなら、それは好きなことが出来るのですから幸せだと思います。

でも、後でそんな厳しい世界だとは知らなかったとか、ゴルフの道を選んだことを将来後悔するのなら、早くからゴルフ一本にさせるのは止めた方がいいと私的には考えています・・

でも、ゴルフは楽しいですから一生続けて貰いたいですね(^O^)

logo