広トレブログ

シャウフェレ選手おめでとうございました㊗️

2021年08月1日

東京五輪ゴルフ競技は、米国のザンダー・シャウフェレ選手が金メダルに輝きました㊗️

勿論、日本のエースである松山選手にも期待していましたが、もし負けるとすると私個人的にはシャウフェレ選手に金メダルを獲ってもらいたかったです!

このシャウフェレ選手は世界ランク5位でありながら、今までメジャー優勝は無く、今年のマスターズでも3日目、最終日と松山選手と回りながらメジャーを獲ることは出来ませんでした・・

顔つきも穏やかな感じで、高校時代の親友に顔も似ていることから笑、親近感も感じており、この金メダルは大変嬉しく思います^o^

ゴルフゲームで勝つ時というのは、振り返ってみると大事な場面でパットが決まっていることが多いんです!

この間の私の優勝も、残り3ホールで決めごろ外しごろの距離を沈めたから勝てた訳でして、シャウフェレ選手も17、18と勝負が掛かったパットを決め、その反対に15、16、17、18番にてメダルを確定させるパットをことごとく外してしまったのが松山選手でした・・

ゴルフは殆どの方がショット中心の練習をしてしまいがちですが、勝つには如何に大事なバットを決めるか!を考えることが大切だと思います!

金メダルを決めた18番の林からのレイアップ後の3打目と入れれば金メダルの約2m位のパットは本当に凄かったです💦

オリンピックのゴールドメダリストの称号を手にしたシャウフェレ選手には、初メジャー制覇の日が来るのは来年かも知れませんね!

本当におめでとうございました🙇‍♀️

日本テレビ系列“スッキリ”に出演予定!

2021年07月26日

7月28日水曜に日本テレビ系列で放映の情報番組“スッキリ”(MC 加藤浩次氏、岩田絵里奈アナ、森圭介アナ)に会長金澤利翼が、オリンピック全国応援コメンテーターとしてリモート出演いたします🙇‍♀️

是非、ご覧くださいませ🙇‍♀️

架空の金メダル!?

2021年07月25日

阿部兄妹選手の史上初の同日兄弟金メダルが現実になりましたね(^-^)

プレッシャーも相当なものだったと思いますが、それを跳ね退けた精神力と技の凄さが引き寄せた快挙だったと思います!

阿部一二三選手が金メダルを獲得しましたが、もし仮定として日本代表が二人で、丸山城志郎選手が出ていたら、金か銀は獲れていたと感じます。

日本代表決定戦が世界一決定戦でもあった訳ですから、丸山選手にも一二三選手が勝った喜びと悔しさは絶対にあると思います・・

多分、 3年後のバリ五輪の金目指して、もう今日から練習するのでは無いでしょうか!

そうでなければ勝負師ではありませんし、それくらいの負けじ魂が無ければ、上にはいけません!

この阿部兄妹選手の快挙の裏には(次は俺、私!)と心に闘志を燃やす選手達がいることを知ってもらいたいですね!!

第一人者は違うんだ!

2021年07月22日

東京五輪ソフトボールの予選リーグで、日本チームは2連勝と幸先の良いスタートを切った。

その2試合で先発を任された上野投手は、今日誕生日で39歳!

スポーツ界での女子の選手寿命を考えると、もの凄いことですよね(^_^;)

でもね、この間の大相撲の横綱白鵬関の復活の全勝優勝を飾った際には、白鵬関の凄さよりも他の日本の若手が不甲斐ないというコメントをよく聞きましたが、確かにベテランに易々と優勝やらエースの座を譲る若手に叱咤激励の意味ではあるんですが、

第一人者は誰よりも、技術的にも体力的にも、精神的にも優れていた訳ですから、誰も寄せ付けない活躍や成績を出してきたんです。

また、そんな方々は体力的には落ちては来ていますが、情熱やら気迫はまたその辺の若手よりもめちゃくちゃ上回っていると思います。

ですから、歳をとっても普通では考えられない活躍を見せるのは、メンタルの部分や考え方などがそんじょそこらの若手には、敵わない何かがあるんだと実感していますね!

全英を振り返ってみる!

2021年07月20日

コリン・モリカワ選手が全米プロに続く初出場初優勝の快挙をやってのけた全英オープン。

一時期のスピース選手ばりの勢いがありますね。でも、そのスピース選手でも指の怪我等にてスランプに陥り、復活するのに数年掛かりました・・

やはり、タイガーのような圧倒的な強さを見せつけられるプロの出現には数十年の周期がいるみたいです(^_^;)

でも、そんなグランドスラムを達成出来る実力があるのが、ウエストへーゼン選手だったと思います。

4大メジャーは全英優勝、マスターズ、全米オープン、全米プロは最高順位はすべて2位とグランドスラムを達成していても不思議ありませんが、上手いけれども強いという感じではありませんね・・

やはり勝ち切れるには、実力以上にメンタルとか他の要素が必要なことが分かります。

日本のツートップである星野選手も拓プロも惜しく予選突破はなりませんでした。

でも、ゴルフをやっている以上はワンストロークの重さは一生ついてまわります。

1打で逃す、はたまた1打で逃げ切る。この1打のためにそれは努力を重ねて、試合に出続ける訳です。

私は人に誇れることがあります。42年間競技を続けていることです!勿論、ジュニア育成期間にて自分の競技を休んでいた期間はありますが、間違いなくゴルフからは離れていません。

未だに一打に泣き、この間のように一打に笑うことを飽きもせず笑、ずっと続けているわけです。なぜなら競技が大好きだからです。

あの緊張感、重圧、達成感堪りません笑

今回の拓プロは珍しくショット、バットともに2日目は画面を通しても乱調でした。でも、結果的に1打足らずでしたが普通のゴルフが出来れば楽に突破していたでしょう。

最近、少しばかり結果に拘り過ぎているかも知れません。「22歳は決して若く無い」と言う言葉はモリカワ選手、ボブラン選手ら1学年上の選手の活躍を見て、自分も!!という気持ちでしょうが、松山選手でも29歳でメジャー制覇、今はじっくりと力を蓄え、自分に必ず訪れるコース、セッティング、運気が高まる時を待って貰いたいと思っています。

人の人生は色々!

百人いれば百人の人生があるのですから、他の方は気にせずに、マイペースで自分のレベルアップに努めてもらいたいですね!!

必ず来るその時にじっと待つ!

我慢のゴルフと言われますが、プレー内容だけでは無く、その美酒を味わう日が来るのを待つことがその言葉の意味だと思っています!

オリンピックでの北島康介選手の名言「気持ちいい、超気持ちいい」は、勝った選手だけが味わえる最高の贈り物です🤗

拓プロの今後をじっくりと見守り、夢が達成出来ることを心より祈念いたします!!!

やはり、超気持ちいいは五輪史上最高のコメントでした笑

競技選手のモラルを問われる!

2021年07月17日

なんだかんだで東京五輪開幕まで一週間を切りましたね。

ゲスな話、フェアな熱戦を期待している反面、またドーピング違反にて失格者やメダル剥奪者が出ることは悲しいですが、容易に予測出来ますね・・

ドーピングがなぜ?いけないのか?

理由は幾つかあります。まずは健康を害するということ、二つ目に反社会的な影響を及ぼすこと、例えばその影響により凶暴になったりとか回りの方に迷惑を掛けることもあると思います。

そして3つ目はフェアではないということです。薬物を使用し、パフォーマンスを上げた選手とナチュラルな選手が同じ土俵で戦うのは、明らかにアンフェアです。

でも、薬物使用は禁止されていますが、公に禁止されて無い(検査は無い)競技についてはどう思われるでしょうか?

例えば、女性のビキニ競技にて豊胸している選手についてはどう思われるでしょうか?

明らかに減量して、身体は細いのに胸だけは異様にサイズダウンしてないのは?専門雑誌等で見ても違和感しか残りません。

出場選手全員が豊胸手術をしていたら、フェアの観点から言うと問題ない?とは思いますが、一人でもナチュラルな選手が同じカテゴリーにいたらアンフェアだと思います。

専門家のドクター様に聞いた所、そんな手術をしている方は専門家が見ればすぐに分かるみたいですが、シリコンバックはレントゲンで判明し、脂肪を注入する場合はこれははっきり言って分からないらしいです。

要はフェアかアンフェアかというのは、この場合その選手のモラルに掛かっているのではないでしょうか?!

その昔、某有名世界チャンピオンを輩出していたボクシングジムの会長が薬物オレンジ(下剤入り)を相手陣営に差し入れしていたのは一時話題になりましたし笑、某プロゴルファーが写真週刊誌に、OBの区域から打っていた写真を掲載されてしまっていましたが笑、古きよき時代の勝つためには手段を選ばない笑という時代ではなく、確かにルール的には禁止されては無いとはいえ、やはり選手全員に平等なフェアな戦いをさせてあげたいと思います!

他の方には乗っからない!

2021年07月14日

明日から開幕する全英オープンゴルフのプレスインタビューで、過去に2位の経験のあるイングランドの有名選手が、欧州サッカー決勝でイングランドがPK戦にて負け、2位になったことへの自身も経験者としてのコメントを求められた。

「2位はそこまでいけないことなんでしょうか?」

確かに2位という結果は勝者では無い。が立派な成績であることには間違いありません。

しかしながら、この選手のコメントの裏側にあるのは、このPK戦でミスをした19歳の選手にサポーターから人種差別的なコメントが出たことから来ることなんです。

なぜ?そこまでサポーターはそこまで必死になるのか?嫌、必死ではなく脅迫、差別、人格否定とかになること自体が??であり、プロだから仕方ないというのも違うと思います。

百歩譲って、プロである以上はヤジや否定的な言葉を掛ける方は本当はあってはならないことですが、一定数いるでしょう。

しかし、行き過ぎた行動や言動、また、他の方の人生に勝手に自分の人生を乗っけるのは??どうかと思います。

まあ、それだけ自分に目指すものが無く、目標も野心も無い方が多いのかも知れませんが、一回きりの人生なら、他の方の人生に自分の人生を乗せるよりも、自分で自分の人生を築く方が数段価値があると私は思っています。

確かに贔屓やアンチもあると思いますが、人格否定や差別、脅迫紛いの言動は絶対に避けるべきだと思いますが!

スポーツドリンクも様々!

2021年07月11日

皆様はスポーツドリンクというとすべて同じだと思っておられませんか?!

スポーツドリンクはアイソトニック系とハイポトニック系に分けられ、アイソトニック系は体液に近い成分で糖分が多めに含まれ、ハイポトニック系は水分と塩分、また浸透圧が体液よりも低いため、吸収に優れる機能があるんです。

つまり、アイソトニック系は運動前などに、ハイポトニック系は運動中、後に飲むことが有効になるんです。

アイソ系、ハイポ系の銘柄は月刊GOOD GOLFの来月号にてご確認くださいませ笑

但し、スポーツドリンクの成分は単純に言うと、ジュースみたいなものですから、飲み過ぎると糖分の摂りすぎになってしまいますから、家庭で水代わりに飲み過ぎないようにご注意願います!

昭和、平成、令和の怪物!

2021年07月8日

甲子園春夏優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、WBCでもエースとして2大会連続優勝に導いた松坂大輔投手が、今年限りの引退を表明された。

時代は令和に変わり、間違いなく平成の怪物は松坂投手!昭和の怪物は江川卓氏。

そして令和の怪物は大谷翔平氏になるのかは、まだ分かりませんが、後世にも語り継がれる活躍をしたことは間違いありません!

誰もが記録や成績、タイトルを目指し、日々頑張るのですが、人が認めてくれるだけの活躍を見せられるのは、ほんの一握りの選手だけです!

でも、他の方に認められるのも大切ですが、要は自分の人生ですから、自分が納得するまでやり続けることの方が価値がある場合もあります。

晩年は過去の栄光からすると、残念な結果に終わりましたが、納得するまで我を通すことも選ばれた人しか与えられない特権だと思いますから、これで良かったのではないでしょうか!

カズ三浦氏もまだ頑張っていますし、それにあやかって私も納得いくまで試合には挑戦し続けたいですね!

引退時期は試合で負けて悔しく無くなった時ですかね笑

本物は常識を覆すのか!?

2021年07月3日

米大リーグで大活躍中の大谷選手は、本塁打30本を越え、松井秀喜選手が記録した31本を大幅に更新する勢いですね!

我々凡人が、投打一つに専念してタイトルを狙うことを願っても、本物のスターは自分を貫いて、二刀流をやりつつ、本塁打王が獲れるとしたらやはり考えていることと、末恐ろしい才能というのは計り知れないことだと感じます。

ここまでの成績を出すんですから、これは史上初の二刀流で投手10勝、打者本塁打王を是非とも達成してもらいたいですね(^O^)

でも、従来の常識を覆す彼の才覚には脱帽するしかありません・・

日本人の選手でも、凄い選手が現れたとしか言いようがありませんが、未来で活躍する子供達の大半の目標とする選手が、大谷翔平選手になるのは時間の問題だと感じます!

本当に凄いとしか言えませんね(^_^;)

logo